morris

Finger Pickers Premium Acoustic Guitars

モーリスSシリーズの誕生と進化

モーリスは2001年、“ギター作りの新しいフィールドで、常に挑戦者でありつづける”というポリシーの一貫として、フィンガーピッカーの求める、“フィンガー・ピッキング・スタイルに最適なギター”として、Sシリーズを発表しました。

当時、私たちは、アメリカ進出のためのマーケット・リサーチを進め、現地のピッキング・コンテストの視察や、ギター・ルシアーとの交流を重ねた結果、“フィンガーピッカーのプレイに対応できるギター”の開発が必要との結論に至りました。そして、フィンガー・ピッキングという演奏方法、表現手段に絞って、ネック、ボディの精査研究を重ね、著名なフィンガー・ピッカーとのコラボレーションを通じて、“フィンガー・ピッキング・スタイルに適したギター”の開発を行い、同時に、ルシアーが全工程に携わって完成させる“LUTHIER MADE”、数人のスペシャリストが各々の技術を結集して完成させる“HAND MADE”の2つの製作スタイルを採用し、少数精鋭による手作りのハイ・クォリティー・ギターの製作法を確立して、Sシリーズの発表に踏み切ったのです。当初、カタログ・デビューを果たしたのは、ボディ・スタイル(グランド・オーディトリアム/クラシカル・オーディトリアム)とカッタウェイ・スタイル(ベネチアン/フローレンタイン)の最適な組み合わせに対して、トップ材(スプルース/アメリカン・シダー)とサイド&バック材(ローズウッド/マホガニー)の組み合わせを掛け合わせることで生まれた厳選された8モデルでした。2003年に“ラウンド・バック”が新たに採用され、ブレイシングもバージョン・アップされたことで、Sシリーズを構成するライン・アップの見直しが計られ、新たなる12モデルがカタログを飾ることとなり、その後、Sシリーズをやや小形にしたSSモデルや、セミ・ジャンボ・ボディのSJシリーズなど、新たな魅力をそなえたモデルが加わり、現在ではスタイル、タイプの異なる16モデルが存在しています。

フィンガー・ピッキング・スタイルの特徴

フィンガー・ピッキング・スタイルは、自身の手指(爪にハード・コーティングを施したり、付け爪をおこなう場合が多い)やサム・ピック、フィンガー・ピックを使ってプレイされるため、繊細なタッチでダイナミクスを表現することになります。ソロ・ギターが基本で、ベース・パートとメロディー・パートが同時にプレイされることが多く(ベース・パートでは親指まで使われます)、高度なプレイの展開のために、フィンガリングにおいて力をあまり入れずに押弦できる様、ロー・ポジションからハイポジションまで、全体的に低い弦高が好まれ、カポタストを使用しての移調プレイおよびメロディー・ワークにおいて、12フレット以上のポジションまでを使用する場合が多く、ハイ・ポジションまで正確なピッチが求められます。チューニングについては、レギュラー・チューニングの他に、さまざまなオープン・チューニングが用いられることが多く、オープン・ノート(開放弦)の響きを残して、押弦した音を鳴らし、両者の響きを重ねて響かせる場合が多いため、その時に、押弦した指が上下の弦に干渉して、鳴りを殺してしまわないようにプレイされます。

近年は、クラシック、フラメンコ、ボサ・ノバ、ジャズ、ロックなど、あらゆるギター・ミュージュックのエッセンスが融合され、チョーキング、ヴィブラート、タッピング、ピッキング・ハーモニクスなど、高度な表現テクニックが駆使されるようになっています。

フィンガー・ピッキング・スタイルに適したギター

弦をドロップして音程を下げると、弦のテンション(張りの強さ)が弱くなり、ビビリやすくなると同時に、デッド・ポイント(音がつまって鳴りにくい、響かない場所)となるポジションが発生する場合があるので、チューニングの変更によるテンションの変化に対応できる、“ネジレ”が無く、“ソリ”に対して復元力の強い、剛性の高いネックであることが必要です。

ボディは、微妙なタッチの差を確実に表現するため、弦の振動に対して反応が良く、高音から低音までバランスに優れ、豊かな音量に拡大するポテンシャルがあることが必要です。ネックとボディは、ロー・ポジションからハイポジションまで低目の弦高になるような角度を設定し、振動の伝達特性と強度を確保する方法で、的確にジョイントされていることが必要です。指が上下の弦に干渉しない弦間を確保し、6弦は親指でも押さえやすく、1弦はヴィブラートをかけてもフィンガーボードから落ちない様にナットが設定され、それに対応したフィンガーボードであることが必要です。サドルは、ハイポジションまで適確なピッチを確保できるよう、適確なオクターブ・ピッチ調整が行われていることも必要です。

モーリスSシリーズの特長をクローズアップ !

CLOSE-UP : プログレッシブ・シンネック

Sシリーズのネックは、5年あまり乾燥させたマホガニーで作られており、ナット位置で44〜45mm(通常は42〜43mm)の幅で、スケール長は652mmを採用しています。ネックの厚みは1フレット位置で20.5mm、10フレット位置で21.5mmと、厚みの変化の少ないストレート・タイプの超薄型ネックです。

プログレッシブ・シンネック

CLOSE-UP : トラスロッド

アルミ・ケースにロッドを仕込んだ双方向トラスロッドを、最も張力の影響を受ける部分に、ネックと一体化する様に仕込むことで、ネックの強度を保ちつつ、“ソリ”の確実な復元調整を可能にしています。

CLOSE-UP : フィンガーボード

ナット幅44〜45mm、12フレット幅55〜56mmで、各弦の弦間が広めになっており、300Rの緩やかなカーブがつけられています。フレットはやや細目で硬めのタイプを正確に打ってあり、自由自在なフィンガリングを可能にしています。

CLOSE-UP : ナット

6弦を親指で押さえて弾くプレイに対応するため、6弦〜1弦の弦間はそのまま、全体的に約1mmほど低音側に寄せてあり、1弦もフレットから落ちにくくなっています。

ナット

CLOSE-UP : ネック・ジョイント

ネックとボディは、音響伝達の向上と、ジョイント部での“ネック起き”を防ぐために、効率の良い形状のダブ・テイルを組んでジョイントされており、ボディ・トップに対して角度をつけてネックを仕込んであるため、ハイ・ポジションでの弦高が低く押さえられています。

CLOSE-UP : ボディ

充分に天然乾燥した材が使用されており、トップはブリッジ周辺よりもボディと接する周囲が薄く削られています。また、すべての接着部分は、ニカワに匹敵する最新の接着剤により確実に密着されています。

グランド・オーディトリアム、クラシカル・オーディトリアム、セミ・ジャンボのいずれのタイプもボディ・サイズは小さめで、ボディの厚みを増して大きな鳴りを生み出しています。バックについては、低音弦〜高音弦方向にのみ軽いラウンドをつけた“フラット・バック”と、さらにネック・ジョイント部、ボディ・エンド方向にもラウンドをつけたパラボナ・アンテナ状の“ラウンド・バック”を採用したモデルが用意されています。どちらも基音やサスティーンには大きな違いはありませんが、“ラウンド・バック”は倍音成分が強調されることになり、膨らみのあるサウンド(低音が強化された力強い鳴り、音量のアップ、サスティーンの増大が感じられる)となっています。全てのモデルに、ベネチアン・スタイルまたはフローレンタイン・スタイルのカッタウェイがつけられているのも特徴です。

ボディ

CLOSE-UP : ブレイシング

トップのブレイシングは、スキャロップドXブレイシング、スキャロップドXXブレイシング、クラシックギターを基本デザインに持つモデルにはファンブレイシング、ルシアーメイドの最新モデルにはラティスブレイシングが多く採用されています。Xブレイシングのブレイスブレイシングが採用されており、Xブレイシングのブレイス(力木)には両面カーブ、XXブレイシングには片面カーブが施されているのが特徴で、いずれの場合にも弦の振動がブリッジからトップ全体へとバランス良く伝わるため、低音から高音まで、豊かな響きとサスティーンを実現しています。そして、いずれのバックにもXブレイシングが施されており、トップ材と同じように振動させることで、よりふくよかな響きを生み出しています。
[進化したラティスブレイシング]最新のルシアーメイド・モデルに採用されているラティスブレイシングは、一般的なラティスブレイシングと違い、Xブレイシングと組み合わせにより形成された進化型のラティスブレイシングです。トップ面全体にわたる強度の調整のし易さからギタースタイルに合わせた様々なサウンドメイクが可能で、ブレイシングの強度を稼ぐことによりトップ材をより薄く加工することが可能になり、ギター全体の設計にバリエーションをもたらしました。

ブレイシング

xxTOP LATTISETOP xBACK

CLOSE-UP : テンション

ネックのジョイント角度を大きくしてあるため、サドルが1.5mm高くなっており、サドルと平行してブリッジ・ピンが並ぶようにすることで、ブリッジ側のアクションを調整し、適正なテンションを確保しています。

CLOSE-UP : サドル

ロー・ポジションからハイ・ポジションまで、フィンガーボードから弦までの距離が非常に短く、オクターブ・ピッチの狂いが少ない環境を作って、サドルで調整しているので、ハイ・ポジションでも正確なピッチが確保されています。

CLOSE-UP : フィニッシュ

少量の塗料を均一に薄く塗り、それを研磨して、再び少量の塗料を均一に薄く塗って研磨するという工程を4回繰り返して、薄くて丈夫な塗膜の塗装を行っています。

TUSQ

ナット、サドル、ブリッジ・ピンにTUSQを採用。TUSQは優れた音響特性を持つ象牙を人工的に再現したもので、きらびやかな音色や美しいサスティーンなど、一般的なプラスティック製パーツ使用のギターとは、明らかに異なる音響特性を発揮します。
※LUTHIER MADEモデルには、他素材(カーボン・グラファイトなど)を使用している機種もあります。

TUSQ

B-BAND

ライブ環境に対応するため、最新のセンシング・テクノロジーを応用したB-BANDのピックアップ&プリアンプを標準装備。B-BAND PUにはEMFiという特殊素材(振動を電気信号に無駄なく変換する性質があり、そのずば抜けた高感度性能により、ヨーロッパの医療機関でも使用されている)が使われており、従来のピエゾPUとは一線を画すナチュラルなアコースティック・サウンドを奏でます。※一部オプションの機種もあります。

B-BAND