Morris Guitars モーリスギターズ

Sub Image

ごあいさつ

当社は、「楽器の心はミュージシャンの心」を創立以来のポリシーとして掲げ、ミュージシャンとの対話を重視し、時と共に変化するミュージックシーンに対応した楽器を送りだしてきました。
全ての音楽の基礎であるアコースティックサウンド技術の蓄積の上に花咲いた新しい音楽の世界は、音楽の心とミュージシャンの心を知り尽くした当社ならではの世界だと言えましょう。
新鮮で豊かな発想の基に、当社は更に新しい創造と発展に向けて、日々努力を重ねています。音楽と先端技術の融合をめざして。

沿革

1961年 1月 創業
1967年 3月 芳野楽器として長野県松本市芳野町で、アコースティックギターの製造を開始する。
1970年 3月 松本市神林に第二工場用地1,341平方mを取得。
1972年 2月 社名をモーリス楽器製造株式会社に改め「MORRIS」ブランドのアコースティックギターの量産に入る。
1973年 6月 現在の松本市笹賀の大久保工場団地に敷地3,337m2の新工場を建設移転する。
1979年 8月 安曇野市 穂高に保養寮「ヴィラ・モーリス」を建設。
1980年 7月 工場を8,000m2に拡張。
1995年 6月 「マイクロコンサート」を、販社(株)モリダイラ楽器と共に全国展開開始。
1997年 6月 「マイクロコンサート」の発展型として「フォークヴィレッジ」に改名。
1997年 10月 モーリスのブランドロゴおよび、製品のスペック/ラインナップを一新し、新世代への新たなる出発点とする。
2001年 1月 独自のドメインによるホームページを開設する。
2001年 4月 アコースティックギターの大きなカテゴリーであるフィンガーピッキング愛好者に向けてのコンテスト&ライブ「フィンガーピッキング・デイ」に協賛する。
2002年 9月 工場敷地内に、充実した検品設備と在庫管理、及び流通システムを完備した「松本商品センター」を建設。
2010年 4月 「フィンガーピッキング・デイ」10周年を迎え、歴代チャンピオンが集合し、「フィンガーピッキング・エキシビジョン」を開催。
モーリスギター松本工場 モーリスギター松本工場

会社概要

創業 昭和42年1月
資本金 10,000,000円
商号 モーリス楽器製造株式会社
所在地 長野県松本市大字笹賀5652-12
代表取締役支配人 山田博文
社員数 25人
取引金融機関 みずほ銀行松本支店
三菱UFJ銀行神田駅前支店
事業内容 モーリス
トルネード
ランブラー
グルービン
ホタカ
ビル・ローレンス
ビルズ・ブラザーズ
エアークラフト
HSアンダーソン
敦煌(二胡)
上記ブランドの製造販売
ページの最上部へ戻る