Sub Image

ME-101

シトカ・スプルース単板の表甲にフォワードシフテッドXブレイシング、インディアン・ローズウッド単板の裏甲にはラダーブレイシングを採用し、シャープかつリッチな低音が特徴のサウンド。あわせて、ナットとサドルにグラフテック製TUSQを用いることで、モーリスギターの特徴ともいえる、きらびやかな音色と美しいサスティーンが魅力的なモデルとなっています。繊細なアルペジオから力強いストロークまで、ジャンルを選ばない表現力豊かなギターです。

価格:オープンプライス

ボディスタイル ドレッドノート
カッタウェイ形状 なし
ボディトップ シトカ・スプルース単板
トップ・ブレイシング フォワードシフテッドXブレイシング
バック インディアン・ローズウッド単板
サイド インディアン・ローズウッド単板
バック・ブレイシング ラダー・ブレイシング
指板 エボニー
ナット幅 43mm
ネック材 マホガニー
ヘッドインレイ なし
ペグ GOTOH/SE700-06M C
ポジションマーク ドット(オフセット)
弦長 645mm
出荷時標準弦 Jim Dunlop/DAP1254
ナット材 Graph Tech/TUSQ
サドル材 Graph Tech/TUSQ
ブリッジピン Graph Tech/TUSQ
ブリッジ エボニー
フィニッシュ グロス
カラー ナチュラル(NAT)
ケース MHB-1 ハードケース

Specifications

ダイヤモンド・ボリュート

Diamond Volute
ダイヤモンド・ボリュート

高級感のある美しいダイヤモンド・ボリュートをネック裏に施すことで、装飾性だけでなくネックの強度を確保。またネックの質量をコントロールし、レゾナンス効果を得ています。

エボニー・フィンガーボード

Ebony Fingerboard
エボニー・フィンガーボード

木目の詰まった良質なエボニー材をフィンガーボードに使用し、演奏性、サウンドともに高いクオリティを実現。ポジションマークをオフセットし、特徴的なデザインと視認性を確保しています。

ネックジョイント

Neck Joint
ネックジョイント

熟練したビルダーの手作業による高精度なダブテイル・ジョイント。モーリスが一貫して採用してきた接合方式で、サウンドに最も影響が大きく、高い技術力が求められる部分です。

ボディ・バック

Body Design
ボディ・バック

スタンダード・ラウンドバックデザインによる、ハリのあるサウンド。バック中央にはウッドクラフトによるストリップ・バインディングを装飾。

ロゼッタ・ピックガードデザイン

Rosetta & Pickguard
ロゼッタ & ピックガードデザイン

特徴的な形状のピックガードと美しいロゼッタのサウンドホール。ピックガードは、ギターの鳴りを損なわない形状と厚みにより、サウンドへの影響を考慮したデザインです。

ゴトー製 オープンバック・ペグ

Gotoh Open Back Peg
ゴトー製 オープンバック・ペグ

非常に高い精度と耐久性を誇る、GOTOH製ペグを採用。オープンバック・ペグはクラシカルな印象だけでなく、軽量化により倍音をスポイルせずスピード感のあるサウンドが得られます。

Dimensions

Morris Guitar Dimensions
A : ギター全長 1,035mm
B : ボディ全長 507mm
C : ボディ幅(上部) 298mm
D : ボディ幅(下部) 400mm
E : ボディ厚(上部・ネックジョイント付近) 100mm
F : ボディ厚(下部・エンドピン付近) 125mm
G : ボディ最小幅 277mm

測定値には若干の誤差が生じることがあります。何卒ご了承ください。

モーリスギターの最新カタログをご覧いただけます

モーリスギター 2022年版カタログ
2022年版 カタログ(PDF:58Mバイト)

ダウンロード

ページの最上部へ戻る