Sub Image

SE-93 New S "Evolution" Series

新たなSサウンドの探求

一見、既存のSシリーズと同様のボディシェイプながらも、サウンドの要であるブレイシングは、トップをXXブレイシングからフォワードシフテッドXに、バックをXブレイシングからラダー・ブレイシングに変更し、豊かな低音の鳴りを獲得。一方、ボディバック形状はラウンドバック・スタイルからフラットバック・スタイルに変更することにより余剰倍音を制御し、豊かながらも鳴りすぎないコントローラブルなサウンドを実現しました。
ブリッジ材には音響特性と品質の安定性に優れたリッチライト材を採用、ネック補強と音響面の向上をもたらすボリュート加工や、ハイポジションでの操作性に影響するネックヒール部のデザインなど、フィンガースタイル向けギターとしての性能とバランスの良さをブラッシュアップしつつ、既存のSシリーズとは一線を画す新たなサウンドキャラクターを確立しました。


従来モデルからの主な変更点

  • 新たな操作性を実現させる新ネックグリップ
  • ネックの強度アップに加え、サウンドの面にも効果があるボリュート加工
  • エッジを丸く加工する事によってハイポジションでの演奏性が向上したヒール形状

価格:オープンプライス

ボディスタイル グランド・オーディトリアム
カッタウェイ形状 ベネチアン
ボディトップ シトカ・スプルース単板
トップ・ブレイシング フォワードシフテッドXブレイシング
バック マホガニー単板
サイド マホガニー単板
バック・ブレイシング ラダー・ブレイシング
指板 エボニー
ナット幅 44mm
ネック材 マホガニー
ヘッドインレイ なし
ペグ GOTOH/SG381-B01 GG
ポジションマーク 12F ワンポイント
弦長 652㎜
出荷時標準弦 Jim Dunlop/DAP1254
ナット材 牛骨
サドル材 牛骨
ブリッジピン Graph Tech/TUSQ
ブリッジ RICHLITE
フィニッシュ グロス
カラー ナチュラル(NAT)
ケース ハードケース

Dimensions

Morris Guitar Dimensions
A : ギター全長 1,030mm
B : ボディ全長 500mm
C : ボディ幅(上部) 275mm
D : ボディ幅(下部) 394mm
E : ボディ厚(上部・ネックジョイント付近) 95mm
F : ボディ厚(下部・エンドピン付近) 115mm
G : ボディ最小幅 238mm

測定値には若干の誤差が生じることがあります。何卒ご了承ください。

モーリスギターの最新カタログをご覧いただけます

モーリスギター 2021年版カタログ
2021年版 カタログ(PDF:62Mバイト)

ダウンロード

ページの最上部へ戻る